スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

乳酸菌を含む食品にはどんなものがあるの?

乳酸菌は、サプリメントで摂取するのが手っ取り早いのですが、毎日の食事の中で上手に摂取するにこしたことはありません。そこで、ここでは乳酸菌を含む食品について紹介したいと思います。

そもそも乳酸菌は、動物性乳酸菌(ヨーグルトやチーズなど)と植物性乳酸菌(発酵食品など)の2種類に分けることができます。多くの方は、乳酸菌といえばヨーグルトを想像すると思いますが、実は植物性乳酸菌が含まれる漬物などの発酵食品にも注目したいところです。

なお植物性乳酸菌を含む発酵食品には、漬物(特に「ぬか漬け」)がありますが、キムチなどにも含まれています。さらに世界の食べ物をみていくと、サワークラウト(ドイツ、キャベツの漬物)やサワーブレッド(ヨーロッパ、酸味のあるパン)、さらにザーサイ(中国)などにも含まれています。

また日本の漬物には、ラクトバチルス・プランタラムやラクトバチルス・プレビスといった乳酸菌を使い、漬物特有の酸味や香り付けの役割を果たしています。よく漬物を食べると食族が増進されるということがありますが、これは漬物に含まれている酸味のおかげになります。
スポンサーサイト

| 乳酸菌のこと | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。