スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

植物性乳酸菌について!動物性乳酸菌と植物性乳酸菌は何が違うの?

乳酸菌を含む食べ物といえば、定番なのはヨーグルトかもしれませんね!ですが乳酸菌は、発酵食品でもある味噌や漬物・キムチなどにも含まれています。これらの乳酸菌って同じモノなんでしょうか?

一般的に牛乳の発酵食品(ヨーグルトやチーズなど)に生息している乳酸菌は動物性乳酸菌と呼ばれます。対して野菜や米・大豆などの発酵食品(漬物・キムチや味噌など)に生息する乳酸菌は植物性乳酸菌と呼ばれているそうです。

動物性乳酸菌と植物性乳酸菌は同じ乳酸菌なのですが、それを作るための過程が異なります。動物性乳酸菌は、乳糖だけを分解するのに対し、植物性乳酸菌はブドウ糖や果糖・麦芽糖といった様々な糖類を分解して乳酸を作るわけです。

さらに動物性乳酸菌は、他の微生物と共存できないみたいですね。対する植物性乳酸菌は、他の微生物との共存が可能といわれています。これが何を意味するかというと、植物性乳酸菌の方が生命力が強いらしく、活きた状態で腸まで届くそうです。

確かにヨーグルトなどの乳酸菌は、胃酸などで死滅してしまい、活きた状態で腸まで届かないといわれていますからね!

そのため効率よく乳酸菌を摂取するなら漬物・キムチなどを食べた方が効果があるのかもしれません。確かに管理人も便秘がちになると、キムチを食べるようにしていたりします。結構、便秘が解消されることがあるんですよね!

それに漬物やキムチなら、同時に食物繊維も摂取できるので便秘解消としてはオススメといえます。腸内環境を整えるという意味でも毎日少しずつ食べたいものですね!特に「ぬか漬け」が良質な乳酸菌を含む定番の漬物らしいですよ!
スポンサーサイト

| 乳酸菌のこと | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。