スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

善玉菌と悪玉菌!その効果や身体に及ぼす影響について!

腸内には、善玉菌と悪玉菌が存在しています。当然ですが善玉菌が大いに越したことは無いのですが、実は悪玉菌は多少でもあった方がいいみたいですね。これは善玉菌が腸内でその効果を発揮するためには、悪玉菌の存在があってこそだからだそうです。そのため善玉菌だけになってしまうと、善玉菌のチカラを発揮しなくなるようです。

そこでここでは、これら善玉菌と悪玉菌について紹介します。まず人間の腸内には、約400種類(100兆個ぐらい)もの腸内細菌が存在(生息)しているといわれています。これらは腸内フローラなんて呼ばれ方をされることもあります。

そして、これら腸内細菌が次の3つに分類することができます。

●善玉菌 体に良い影響を与える菌(乳酸菌)
●悪玉菌 体に悪い影響を与える菌(ウェルシュ菌・ブドウ球菌)
●日和見菌 どちらにも分類されませんが、善玉菌・悪玉菌のどちらかの割合が多くなるとその性質を持つようになる菌(例えば悪玉菌が多くなれば悪玉菌になるようです。)(バクテロイデス・大腸菌)

なお一般的な腸内細菌のバランスは、3~15%は悪玉菌が占めているとされています。ただ食生活によっても左右されるので、人それぞれ異なると認識しておいた方がいいようです。なお悪玉菌が多くなると(腸内バランスが崩れると)病気しがちになるそうです。

このことから健康を維持するには、常に腸内の善玉菌を優勢にさせておくことがポイントになるわけです。では善玉菌には、どのような菌があるのか紹介します。その代表が乳酸菌です。

なお乳酸菌は、次のような菌の総称とも呼べます。乳酸菌の種類には、ビフィズス菌・ブルガリア菌・アシドフィルス菌・ヤクルト菌などがあります。なんかヨーグルトの名前みたいですね。

次に善玉菌の働きについて紹介しておきます。

●悪玉菌をやっつける(悪玉菌の働きを弱くする)
●免疫力アップ(病気になりにくい)
●食事の消化・吸収の手助け
●コレステロール値を下げる働き
●老化防止、肌トラブル解消、口臭抑制など

なお乳酸菌の上手な摂取方法は、一度にたくさん摂るのではなく、少しずつでいいので毎日摂取することが大切になります。

最後に悪玉菌についても紹介しておきます。まず悪玉菌が多くなると、どんな影響を身体に及ぼすのか紹介します。

●有害物質(インドールや硫化水素など)や発がん性物質を作るため、生活習慣病・ガンを誘発する恐れがある。
●免疫力低下(病気になりやすい)
●下痢・便秘が続く(繰り返すそうです)

本来、理想的とされる腸内バランスは、悪玉菌を持ちつつ、しかし善玉菌を優勢にしておくことだとされています。そのため、毎日乳酸菌を摂取し、食事バランス(食物繊維もしっかり摂る)に気をつけることがポイントになります。さらに加えると、ストレス・睡眠不足・運動不足も腸にとって好ましくないそうなので、この点も注意しましょう!
スポンサーサイト

| 乳酸菌のこと | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。